どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

≫ EDIT

2018.06.22上河原のホタル祭り。

2018.06.22上河原のホタル祭り。今年も行ってきました。
ピークはとうにすぎたそうですが、今年もホタルを見られることに幸せを感じました。
ふんわりふんわり。来年はもっと川沿いを歩けるかもしれません^^

DSC_0378_20180623233156d2d.jpg
DSC_0379_20180623233158c73.jpg
スポンサーサイト

| □藤野のこと | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.06.21夏至の夕空

こんな色と風景に巡り合うと、プレゼントをもらったみたいに嬉しくなる。
地球で生きていてよかった。
ほんとにありがとう。
生きとし生けるものすべてが幸せでありますように。

2018062201.jpg
2018062202.jpg
2018062203.jpg
2018062204.jpg
2018062205.jpg

| □暮らしのなかで | 23:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.06.19ビオ市 / 野菜市

2018.06.19ビオ市 / 野菜市
毎回進化しているビオ市。というか藤野で何かが始まっている。
前回の地ビールに続き、今回はオーガニックな花屋さんの出店。お花はそこここにあるんだけど、花束って気持ちが上がる^^うれしいな^^
お醤油の天地返ししたへりについているもろみと野菜を絡めて振舞ってくれたり、緑色のものを身につけていくと新茶(しかも無農薬)を振舞ってくれたり。
嬉しいね、ありがたいね。
緑な人が多くて爽やかなビオ市でした!

35295536_1733807423371803_7072052927224872960_n.jpg
DSC_0323_201806232259532b1.jpg
DSC_0333_201806232259533cf.jpg
DSC_0337_20180623225955457.jpg
DSC_0342_20180623225956e1f.jpg
DSC_0343_20180623225958394.jpg
DSC_0344_20180623225959d8f.jpg
DSC_0347_20180623230000df4.jpg
DSC_0348_20180623230002223.jpg
DSC_0350_20180623230003115.jpg
DSC_0351_20180623230005549.jpg
DSC_0355_20180623230007101.jpg
DSC_0364_20180623230009f84.jpg
DSC_0365_20180623230011104.jpg
DSC_0368_2018062323001204e.jpg
DSC_0370_201806232300148e9.jpg
DSC_0371_20180623230015f83.jpg
DSC_0374_20180623230017a79.jpg

| □藤野のこと | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.06.17ファシリテーションの方法

第2回目のパーマカルチャーアドバンスドコースの授業で「ファシリテーションの方法」。講師は杉野元さん。ほんとに知識が豊富ですね。
社史を趣味でまとめていて、それが一大イベントになるんだもの、すごいな〜と思いながら聞いていました。
今回は、話し合いの方法をいくつか紹介してくださいました。
話し合いでも対象によって導き出す方向が変わってくるんですね。私のような社会活動や個人的ななかでは、その場でうまれたものを重視します。けれども、企業内では、ある程度方向を定めたり、どこを大切に扱うのかを見極めることが必要なんだと、感心しました。
「ブレーンストーミング」
「KJ法」
「バリューラダー」
という方法で、パーマカルチャーを広めるためには、というお題で話し合いをしました。

DSC_0294_20180623224240167.jpg
DSC_0304_20180623224242b99.jpg
DSC_0305_20180623224242881.jpg

| PCJアドバンストコース | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.06.17パーマカルチャーとは?

第2回目のパーマカルチャーアドバンスドコースは宿題の発表がありました。
宿題は、自分の言葉でパーマカルチャーを説明するということ。10〜15分。対象はパーマカルチャーを知らない人。
始まったのが、雨が降って畑に行けないので、朝6時半から。朝からテンション高く、昨晩遅くまで話していたにもかかわらず、全員出席。
途中、9-12時は他の授業がありましたが、延々と16時まで11名の発表は続きました。。すごいパワーだ^^;
今回のコースの面白さは、参加者の多様性もあるのかもしれない。パーマカルチャーを実践をし、生業としてきた人。小説を書く人。科学者。公務員。会社員。広告畑とアーバンパーマカルチャー実践者。文化を引き継ぎ農的に暮らす人。私のような社会活動者。などなど。
それぞれのきっかけがあり、パーマカルチャーを学び、伝えていきたいと思う人たち。それぞれの想いを聞き、心が揺れる、響く。
私がパーマカルチャーを説明すると、地球と対話をするためのツールだということ。
ひとつの命、ひとつの魂が生命の織物(ウエッブ・オブ・ライフ)の一本であり、すべてがつながって、すべてが影響しあっている。
忘れてしまっている、地球が生きているしくみを思い出し、地球の一員として生きる、暮らすための方法を知り、地球や生きとしいけるものとともに生きていくための実践。
つながりを取り戻して、太古から受け継いでいる地球と同じDNAを呼び戻すこと。
地球のことをもっと知りたい。人間の暮らしをもっと知りたい。
それを生きることが文化となり、地球とともに生きていくことなんじゃないかなと、今は思っています。

DSC_0222_201806232138260a4.jpg
DSC_0225_20180623213828b4b.jpg
DSC_0240_20180623213829097.jpg
DSC_0242_20180623213830272.jpg
DSC_0248_2018062321383260f.jpg
DSC_0253_20180623213833507.jpg
DSC_0255_2018062321383479a.jpg
DSC_0264_2018062321383601c.jpg
DSC_0322_20180623213838431.jpg
DSC_0324_20180623213839cc9.jpg
DSC_0336_20180623213840a0b.jpg
DSC_0350_201806232138427d4.jpg
DSC_0356_201806232138432a0.jpg
20180617.png

| PCJアドバンストコース | 21:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT