どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017.12.1-3絶望のワークショップ@パーマカルチャー安房(PAWA)

2017.12.1-3絶望のワークショップ@パーマカルチャー安房(PAWA)
昨年も参加した、ジョアンナメイシーのつながりを取り戻すワークとNVC(非暴力コミュニケーション)のワーク。今回はさらにアレキサンダーテクニックが加わりました。

世界のなかで、生きているなかでの心の痛みを見つめる。そのことを大切に向き合う。
そこには、自分の真実がある。
私は地球であり、宇宙であり、あなたであり、私である。
私の痛みは地球の痛みでもあり、あなたの痛みは私の痛みでもある。
それは、地球上で生きている私たちは、地球の一部であるから。
絶望の底には希望があり、希望は絶望があるからこそ生まれる。
いくつかのワークをしながら、自分の真実をみつけてゆく。
それは思い出すことであったり、メガネをかけかえることだったり。
自分を見つめる時間はとても大切。
自分との対話、誰かとの対話、自然との対話はとても大切だと思っています。
おざなりになってしまう、時間の流れのなか。
心を澄ましてみる。
地球が美しいことに、また気づく。

ファシリテーター:齊藤 由香さん、鈴木重子さん、安納献さん
クッキングスタッフ:川村若菜さん
オーガナイザー:きら/河合史惠さん
という顔ぶれ。
いっしょに過ごしたみなさん、ありがとう^^
すばらしい時間でした。

https://www.facebook.com/events/138054023497986/

20171201.jpg
20171202.jpg
DSC_0025_20171216233402a09.jpg
DSC_0032_20171216233403090.jpg
DSC_0033_201712162334050d3.jpg
DSC_0035_2017121623340633b.jpg
DSC_0040_20171216233408f41.jpg
DSC_0055_201712162334097dd.jpg
DSC_0062_20171216233411e7f.jpg
DSC_0084_20171216233412425.jpg
DSC_0116_20171216233414441.jpg
DSC_0137_20171216233415fbf.jpg
DSC_0140_20171216233417391.jpg
DSC_0145_20171216233418439.jpg
DSC_0146_20171216233420bac.jpg
DSC_0151_20171216233421820.jpg
DSC_0158_20171216233423c0e.jpg
DSC_0182_20171216233424e76.jpg
スポンサーサイト

| □内なるトランジション | 23:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017.11.11「しあわせの経済」世界フォーラム2017 1日目

2017.11.11「しあわせの経済」世界フォーラム2017 1日目
大きなエポックメイキングとなったであろう、素晴らしい国際会議でした。
参加者は800名以上、ゲストも50名以上、スタッフは100人近くも。
半年前から実行委員の1人として関わってきました。
大変な会議になるだろうな、と予想はしていましたが、こんなにもすごいものだと改めて思いました。
基調講演漬けの一日。ゲストのみなさんの熱のこもった濃いお話。
それぞれの国の歴史や文化、思想があり、その上でのローカリゼーションな活動。
受付のお手伝いなどで、聞けなかったところもあり、レポートなどを見ながらじっくりと反芻したいと思います。

たくさんの友人とも再会できました。覚えていてくださるだけでもうれしい。
(私が忘れていることもあって、ほんとにごめんなさいです)

サティシュのメッセージに、会場は大きく湧きました。
「想像力と創造性を発揮する人をアーティストと言います。
アーティストは特別な人の事ではない、すべての人が特別なアーティストなのです。
それは一人一人の中に備わっています。

大地を愛する、食物を愛する、アートを愛する、作る事を愛する、
自分の愛する大地から育った食べ物を食べ、愛する人が作った衣服を着て、
何の不足があるでしょう?
I love you.
ありがとう!」

81歳、いつも、ほんとに大きな勇気をいただきます。
サティシュが会場にいらっしゃったときに、また会えて嬉しいよ!と声をかけて握手てくださいました^^(英語わかんないけど、そう聞こえた!)
ミーハーですが、もう、ものすごくうれしくって^^/

サティシュのメッセージは、福田恵美さんが書き起こしてくださっています。
https://www.facebook.com/emi.fukuda2/posts/1536867016393049

ヘレナさんの言葉にも大きな勇気をいただきました。
説得力のなる内容、実際に見て、感じて、活動しているからこそ伝わってくる内容でした。

ヘレナさんのスライドからの言葉
複数の社会的および環境問題を解決する ローカリゼーション
ビッッグピクチャー〜全体像 自分が悪いという自己非難を乗り越え、世界的な草の根とつながる
システム変革のための人々のムーブメント もちろんトランジションタウンも
懐かしい未来 再先住民化の重要性
つながり 「私」ではなく「私たち」へ
ファーマーズマーケットがコミュニティと経済を築く ファーマーズマーケットでは、スーパーマーケットの10倍の会話が繰り広げられる
ロ−カリゼーションは、より大きな多様性を意味する
小規模な多様性農家=食の安定 小規模多様性農家は工業的な農家の10倍の生産性
より強固なローカル経済 ローカル経済圏内では3.5倍裕福
人生を祝福し、幸せを育む
しあわせの経済学を築く!

http://economics-of-happiness-japan.org/
https://www.facebook.com/localfuturesJPN/

DSC_0403_201711152219162ed.jpg
DSC_0404_2017111522191783f.jpg
DSC_0405_20171115221918d25.jpg
DSC_0413_20171115221920a3e.jpg
DSC_0421_20171115221921964.jpg
DSC_0424_20171115221923276.jpg
DSC_0447_201711152219242e4.jpg
DSC_0448_20171115221926d3f.jpg
DSC_0453_2017111522192759e.jpg
DSC_0455_201711152219293f4.jpg
DSC_0457_2017111522193088c.jpg
DSC_0459_201711152219326ca.jpg
DSC_0460_201711152219336b9.jpg
DSC_0461_201711152219357dd.jpg
DSC_0463_201711152219361d9.jpg
DSC_0464_20171115221938c4a.jpg
DSC_0468_20171115221939f6d.jpg
DSC_0472_20171115221941e2d.jpg
DSC_0377_2017111522201140a.jpg
DSC_0379_201711152220135cf.jpg
DSC_0380_2017111522201450f.jpg

| □内なるトランジション | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.11.19-20天職創造セミナー@無形の家

2016.11.19-20天職創造セミナー@無形の家
藤野では大きな魅力的なイベントがあったこの2日間、藤野で自分の純粋意欲を引っ張り出していました。
天職創造セミナーというのは、榎本英剛さん(ヒデさん)が、それぞれの人にとっての仕事をいろいろな見方をワークをとおしながら、掘り下げていきます。
わくわくすることであり、何よりも好きなことであり、理由なく響いていること。参加者のみなさんの力を借りながら、掘り起こしていきます。
仕事って何だろうと、ライフワークとして考え続けた、ヒデさんオリジナルのワークです。
ヒデさんが開催するのは今年で一度終わりにするということで、受けにいきました。
ヒデさん著作の「本当の仕事」という本をご覧ください。
新しい出会いと久しぶりの再会。参加者のみなさんからもたくさんの刺激をうけました。
自分のなかにある、創造と想像を培う大切にしていること。どちらも大きな仕事です。大好きな地球のためにできることをしていきたいです。
いっしょにワークを受けたみなさんから、癒しと自信をいただきました。
ありがとうございました^^

DSC_0088_2016112320481670c.jpg

IMG_3939.jpg

IMG_3945.jpg

IMG_3946.jpg

DSC_0015_20161123204613443.jpg

DSC_0016_2016112320461551c.jpg

DSC_0019_20161123204616c28.jpg

DSC_0020_20161123204617128.jpg

DSC_0022_20161123204619cf3.jpg

DSC_0039_20161123204654854.jpg

DSC_0043_20161123204656f71.jpg

DSC_0044_20161123204657815.jpg

DSC_0047_20161123204659948.jpg

DSC_0055_20161123204659824.jpg

DSC_0060_20161123204813afb.jpg

DSC_0068_2016112320481548c.jpg


| □内なるトランジション | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.10.25『アチュア族の叡智に触れる旅・報告会』

2016.10.25『アチュア族の叡智に触れる旅・報告会』
友人の多くが参加した今回のエクアドルツアー。
6年前にも開催されたときの報告会をきいてから、想像もできないような野生、自然、地球のなかに身をおいてみたいな、というあこがれをもっていました。
今回も参加できませんでしたが、薄れている記憶を呼び起こしにゆきました。
チェンジザドリームシンポジウムのことを知ってから聞くエクアドル、アチュアル族の話はさらに興味深いものでした。
何時間もかけて、飛行機にのり、船にのり、歩いてたどりつく奥地。
自然と神と先祖と未だみぬ子孫の存在と共に生きる暮らし。
毎朝、みた夢の夢解きをするそうです。しきりのない家。自然の中にあるものでの暮らし。歌や儀式。
いろいろな話を聞く中で感じたのは、種族の方たちが、この伝統や産業社会に染まっていない暮らしの大切さを誇りにかんじていること。
産業社会に生きている人たちを受け入れ、交流のなかで便利なもの、娯楽的なものにも出会うでしょう。
それを欲する若者もいるでしょうし、好奇心もあるでしょう。
それでも、選択をして自分たちの暮らしや文化を誇りに思い、伝える、知ってもらうことによって地球とともに生きることをしていること。
日本人というとおこがましいけれど、日本人らしい生活はなんだろう、どうだったのだろう。
生活をすることこそ、アクションなのだと思います。
できないことも多いけど、できることもたくさんある。
エクアドルでの報告を聞きながらそんなことを思っていました。
見渡す限りの森林。森が命をはぐくむ。地球はまだ守られている。
そんな感動に包まれる時間でした。
たけ、まもさん、さっちゃん、ありがとうございました^^
報告会はまだ、何回かあるのでぜひ聞きに行ってみてください。

Amazon Story : エクアドル熱帯雨林 アチュア族の叡智に触れる旅・報告会
https://www.facebook.com/events/1082060575241215/


IMG_3878.jpg

| □内なるトランジション | 13:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.10.03よく生きるツアー合同同窓会

2016.10.03よく生きるツアー合同同窓会

昨年と今年、よくいきるツアーに参加したメンバーの合同同窓会がありました。
さすがに今年参加した方の方がおおかったですが、また新たな出会いがうまれました。
話すとすっと情景がうかぶくらい、まだ鮮明に記憶にのこっています。
あれから今、自分はどこにいるのか。
かーまさんがつくった映像をみながら思いました。

DSC_0287_20161103124903dc1.jpg

DSC_0292_20161103124904777.jpg

| □内なるトランジション | 12:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT