FC2ブログ

どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019.07.15わたしの生き方×地球環境~気候変動に関する講演・瞑想イベント~

2019.07.15わたしの生き方×地球環境~気候変動に関する講演・瞑想イベント~
Npo法人ブラーマクマリスさんが主催するイベント。インド古代の叡知「ラージャヨガメディテーション」を学べる団体です。目をあけて光を見ながら瞑想します。
今回は、地球のために私たちができることを、と開催されました。
トランジション・ジャパンでも団体として共催して、ブースの出展をさせていただきました。登壇には榎本英剛さんが。トランジションタウンとチェンジザドリームシンポジウムの紹介を含め、意識と行動、両輪の活動の確かさを話されました。
600名くらいの方がいらっしゃって、大盛況でした。
https://www.facebook.com/events/460316374509873/
http://cleangreen.bkjapan.org/

IMG_0627.jpeg
IMG_0626.jpg
IMG_0623.jpeg
IMG_0624.jpeg
IMG_0622.jpeg
IMG_0621.jpeg
IMG_0617.jpeg
IMG_0613.jpeg
IMG_0615.jpeg
IMG_0612.jpeg
IMG_0633.jpeg
スポンサーサイト

| □トランジションタウン | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019.07.21ツキヰチ杜の市 豊崎じんじんの取材

2019.07.21ツキヰチ杜の市 豊崎じんじんの取材
このところ、トランジションタウンの連載の依頼が入って、ライターのようちゃんを連れて、取材にまわっています。
この日は大阪中津の豊崎宮。きらちゃんが住んだこの町で、仲間作りのために月イチの神社の野菜市で、お茶でも飲みながらお話ししましょ、と出店をはじめたのがきっかけで、豊崎じんじんというマルシェを月イチでやっていました。
きらちゃんが引っ越した後も、きちんと引き継がれていました。
年に一回の大きなマルシェ。無理なく、ゆるく、それでも、つながりは深く。
5年以上も続いている月イチマルシェ。梅田から15分。ビルに囲まれた神社でやっています。ひとりひとりのストーリーが、持続する力であったり、つながろうとする包容力だったりするんだなと思いました。
私のミラクルは、同じ中学校、演劇部の先輩と何十年ぶりに出逢えたこと。
覚えてないくらいで申し訳ないのですが、他人とは思えない。ゆっくり話もできなかったけど、またじんじんに行こう^^と思いました!
取材後はカンテグランテでカレー!
ツキヰチ杜の市 豊崎じんじん〜7月21日〜
https://www.facebook.com/events/705641306558019/

DSC_0064_20190724152648118.jpg
DSC_0070_20190724152707fa6.jpg
DSC_0068_20190724152708d6d.jpg
DSC_0079_2019072415271586f.jpg
IMG_0696.jpeg
IMG_0698.jpeg
IMG_0693.jpeg
IMG_0699.jpeg

| □トランジションタウン | 15:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20190511(12)トランジション合宿@町田

20190511(12)トランジション合宿@町田
トランジションタウンの活動の理解と実践のための1泊2日の合宿を開催しました。TTまちださがみのももちゃんの呼びかけで、16名が参加しました。今回は、TT文京、TT川西、TTまちさが、TT札幌など、立ち上げたばかりのTTや、実践している人から、具体的に立ち上げを考えている人など、具体的なイメージを持って参加された方が多くいらっしゃいました。
この合宿は、3Hを大切にしていて、考えること、伝えること(head)、チームビルディング、イベントをつくること(hands)、ビジョンを描く、つながり、内なるトランジション(heart)のプログラムで構成されています。
世界共通のプログラムになっています。
みなさんとても積極的で、いいチームだな〜とサポートしながら思っていました。
私は1日しかいられませんでしたが、楽しくすごさせていただきました。
次回はファシリテータの予定です。
今年の後半にできればいいな〜

2019051101.jpg
2019051102.jpg
2019051103.jpg
2019051119.jpg
2019051104.jpg
2019051105.jpg
2019051106.jpg
2019051107.jpg
2019051108.jpg
2019051109.jpg
2019051110.jpg
2019051111.jpg
2019051112.jpg
2019051113.jpg
2019051114.jpg
2019051115.jpg
2019051116.jpg
2019051117.jpg
2019051118.jpg


決まりましたら、またご案内しますね!(興味ある方はおしらせください)

| □トランジションタウン | 21:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019.04.06-07トランジション・ジャパン対面ミーティング@藤野

2019.04.06-07トランジション・ジャパン対面ミーティング@藤野
年に2回くらい、トランジションジャパンの対面ミーティングを開いているのですが、今回は藤野でさせていただきました。全国からみなさん、手弁当できてくれて、2日間、話します。トランジションタウンの活動では、beingとdoingどちらも大切にしていています。ほんとはbeingの時間をより多くしたいくらい。
普段はZOOMというインターネットを利用したテレビ会議を。そこでは話せない繊細なことを話したり、今動いているプロジェクトの進捗、今後の活動の予定などなど。
桜満開の藤野も盛り込みたくて、藤野の仲間に会いに出かけたり、野外でbeingミーティングをしたり。濃い時間を過ごしました。
いろんなつながりを大事にしてくれるメンバー。そのつながりが世界を変えると信じている。この土日は、それぞれのプロジェクトの要人がそれぞれの藤野に集結していました^^

56531109_2564116556937433_6606570930099453952_n.jpg
56702195_589762568166655_8811344725954002944_n.jpg
56502803_2256323414447787_7004419587588489216_n.jpg
DSC_0122_20190408220108c9f.jpg
DSC_0120_201904082200591d0.jpg
DSC_0115_201904082200497d2.jpg
DSC_0127_20190408220103df0.jpg

| □トランジションタウン | 22:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.11.14green drinks Tokyo@カフェスローwithジェイ・トンプトさん

11/14(水)green drinks Tokyo イギリスから来日! ジェイ・トンプトさんと考える、コミュニティで仕事をつくる自由な生き方
https://greenz.jp/event/gdtokyo2018_jay_tompt_totnes/

トットネスから来てくださった、ジェイ・トンプトさんをお迎えして、REconomyプロジェクトのお話をしていただきました。
2011年アメリカからトットネスに移住したジェイさん。起業に興味のある人が集まって始まったレコノミープロジェクト。
その内容についてじっくりと話していただきました。
@梶間陽一さんが映像をとってくださっていました。
Green Drinks Tokyo Digest(1H36M)
https://youtu.be/5vyPh4tlHlo
今回は、greenzとカフェスローとトランジションジャパンで開催できたことで、より交流ができてよかったです。これからも、プロジェクトが立ち上がりそうです。
日本の事例ということで、鎌倉、藤野、浜松、いすみの紹介があり、本題に移りました。
ジェイさんのトットネスのレコノミープロジェクトのメモ的なものを記載しておきます。興味ある方は、映像でどうそ。

トットネスでは、今までのビジネスをかえるよりも、立ち上げる方が早いという話しなったそうです。
トットネスでおこっていること
・今、エコロジカルな家を20軒つくるプロジェクト。
・最初はオープンスペースイベントから。アンカンファレンス、オープンスペーステクノロジーという会議の仕方で、40〜50のいろんなプロジェクトが立ち上がっていった。
全部が続いた訳ではない。やってみないとわからない。それは失敗じゃない。
場をつくることが大事。
・ローカルの食のシステムを変えるプロジェクト。
・私たちは、相互依存している。種が助け合っている。
大きな問題はすべて経済につながっている。今までの経済のシステム。
市民主導による経済の変革が必要。
・アクティブシチズン 触媒として土壌をつくる
・ローカルである インクルーシブであること レジリエンスな状態をつくっていくことが大切
・具体的に何をするか、という時にパーマカルチャーはとても役にたつ
・ローカルでおこっている動きにヒントがたくさんある
・役割をみなおす システムをみなおす
・興味がある人同士でつなぐ
・実際の場のつくりかた。実際に動いたり、会話をしてもらう。
・アントレプレナーフォーラム
投資の概念。お金だけではない。時間、空間、いろんなサポート、あたたかい言葉、人を紹介するよなども。サポートされているんだという感覚が大事。
・毎年少しずつ増えている
・実際に、野草採取、エネルギー消費をモニタリングする、食関連、教育、地ビール、森林を管理するなども会社が生まれている。
・みんなが参加するためには、
ミスター触媒(起業の才能がある人)が、ビジネスをローカルがつくってくれたという例を話した。
・そのビジネスは、何の問題を解決しようとしているのか。
・どんぐりの芽がでるような土づくりが大事
地域の現状を知る、どんな人がいるのか、つながること
1人のビジネスを成功させるのではなく、いろんなビジネスがうまれるような土壌をつくること。
いろんな人が活動できるシステムづくり。

REconomy practitioners
https://www.facebook.com/groups/REconomyCoP/

写真の半分は、TakuyaOginoさん撮影です。

20181114001.jpg
20181114002.jpg
20181114003.jpg
20181114004.jpg
20181114005.jpg
20181114006.jpg
20181114007.jpg
20181114008.jpg
20181114009.jpg
20181114010.jpg
20181114011.jpg
DSC_0027_20181201223239057.jpg
DSC_0029_20181201223240722.jpg
DSC_0030_20181201223242116.jpg
DSC_0045_2018120122324356f.jpg
DSC_0047_20181201223245537.jpg
DSC_0059_20181201223246cac.jpg
DSC_0066_2018120122324880c.jpg
DSC_0073_20181201223249469.jpg
IMG_6112.jpg

| □トランジションタウン | 22:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT