どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

5/3都市を耕す「エディブル・シティ」上映会in藤野

5月3日 都市を耕す「エディブル・シティ」上映会in藤野

街の中の芝生や空き地を耕し、健康的で栄養価の高い野菜や乳製品を自分達の手で作ろうという"都市農園"の運動が米国の大都市で大きなムーブメントになっているそうです。この映画はそんなの草の根運動を記録したドキュメンタリーフィルムです。

日時5/3(火)
1部 13:30〜15:30 (上映1h+エディブルスクールヤードのお話)
2部 16:30〜18:30 (上映1h+エディブルシティのお話)
上映料金: ¥500/人 (中学生以下無料)+α

今回の上映会はアメリカより、現地にてこのムーブメントを体験された、鈴木栄里さんが
上映会の後にお話をして下さいます。

場所:相模原市緑区日連68-1
   (大和家2階)
共催:トランジション藤野
   藤野まるまるマルシェ
問い合わせ先:
studio.jikb@gmail.com(池辺)

https://www.facebook.com/events/701587610018024/
スポンサーサイト

| □トランジション藤野 | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016春の訪れ

気がついたら庭の水仙が咲いていた今年の春。
かわいい小さな花が大好きです。
そして、摘んで食べながら歩く。
たねつけばな、よもぎ、すみれ、なずな、はこべ・・・かわいいですね。
そろそろ桜が咲いてきました。

DSC_0065_2016033020270691b.jpg

DSC_0022_20160330202705b3b.jpg

DSC_0021_20160330202704fe4.jpg

DSC_0018_201603302027033f7.jpg

DSC_0014_2016033020270116a.jpg

DSC_0091_20160330202731c5d.jpg

DSC_0094_20160330202732541.jpg

DSC_0100_20160330202733cd2.jpg

DSC_0102_20160330202735e51.jpg

DSC_0103_20160330202736693.jpg

DSC_0104_201603302028044a2.jpg

DSC_0105_20160330202804d6c.jpg

DSC_0117_20160330202806ca4.jpg

DSC_0123_20160330202809cab.jpg

DSC_0129_201603302028403b0.jpg

DSC_0134_201603302028414b9.jpg

DSC_0136_20160330202842b37.jpg

DSC_0140_201603302028448c2.jpg

DSC_0141_20160330202846bbd.jpg

DSC_0142_2016033020290841c.jpg

| □藤野のこと | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.26トランジション藤野1Dayツアー

2016.03.26トランジション藤野1Dayツアー
今年もやっと暖かくなってきたので再開しました。
スタッフ併せて16名と子どもが2名のツアーになりました。
遠方から来てくださった方もいて、みなさん暮らし方を模索しているのがとても伝わりました。
なんでもやってみることへの抵抗が低いこと、楽しいこと、ゆるいつながりに共感されていらっしゃいました。
きらめ樹も体験できるツリーハウスもある、moss rock山をご案内したり、
http://mossrock.blog.fc2.com/
廃材エコヴィレッジ ゆるゆるにもお伺いしました。
https://www.facebook.com/eco.village.yuruyuru
凪さんの古民家再生のゲストハウスがオープンしたばかりでご案内しました。
Yokomura Eco-Lodge
https://www.facebook.com/yokomura.ecolodge/?pnref=story.unseen-section
次回は5月14日(土)を予定しています^^
またご案内しますね。

DSC_0023_20160330195622f3e.jpg

DSC_0034_20160330195623dbc.jpg

DSC_0037_20160330195624d18.jpg

DSC_0047_20160330195626aec.jpg

DSC_0052_20160330195627c01.jpg

DSC_0060_20160330195651ca7.jpg

| □トランジション藤野 | 19:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.15ビオ市/野菜市 vol.6

2016.03.15ビオ市/野菜市 vol.6
駅前の観光案内所に入っていて、少ししか顔を出せませんでしたが、この日も大盛況。
ここに行くだけでみんなに会えて、話したかったことが話せてありがたい。
そんな井戸端会議的なポジションになってきました。
お野菜が少ない時期ですが、ありがたいです。
そして、野菜だけでなく、ハーブや果物、いろいろと広がりをみせています^^
次回は4月5日(火)この日は一日ふじのねに入っていて行けない〜

ビオ市 / 野菜市
https://www.facebook.com/ビオ市-野菜市-845032882249266/?fref=ts

DSC_0007_201603301811397a3.jpg

DSC_0006_20160330181137b99.jpg

DSC_0005_20160330181136029.jpg

DSC_0003_20160330181135e74.jpg

| □藤野のこと | 18:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.12“結(むすび)の家”完成見学会

2016.03.12“結(むすび)の家”完成見学会
設計士が池辺さん。藤野電力もはいっています。鈴木俊太郎さんが施工。
創和建設さんが請けおって完成しました。
私はなぜか、住宅をみるのがとても好きで、お施主さん自らが木を伐って柱にしたという話も聞いたので、見に行きました。
チェンソーではなく、のこぎりで伐ったそうです。けっこう大変だったって。
イエルカさんの薪ストーブとオフグリットの藤野電力に加えて、太陽熱温水器に地熱利用の家づくり。
吹き抜けが広く、開放感があって、住んでいて楽しそうな家。
とても素敵でした。

山梨県都留市”結(むすび)の家”完成見学会終了
http://blog.sowa-tm.jp/archives/987

DSC_0869.jpg

DSC_0874.jpg

DSC_0877.jpg

DSC_0878.jpg

| □暮らしのなかで | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.09もう一つの住み家(ホームホスピス)を作るための準備会

2016.03.09もう一つの住み家(ホームホスピス)を作るための準備会
みなさんの関心がとても高い。お問い合せが多すぎて、会を2回にしたそうです。
藤野で「藤野在宅緩和ケアクリニック」を開業している、石橋了知さんが呼びかけ人。
藤野在宅緩和ケアクリニック
http://www.fujino-kanwa.com/index.html

ひとりでも、自宅で暮らし続ける方法として、ホームホスピスをつくることはできないだろうか?
宮崎県の「かあさんの家」参考の事例を紹介していただきながら、話し合いました。
http://www.npo-hhm.jp/mother-h/mother-h.html

福祉施設で働いている方、自分の親のことを考える方、看護していらっしゃる方、様々な角度から意見を聞き合いました。
実際には、大きなお金がかかります。
都合のいい空き家があるといいね、などと話しながら、藤野で実際に古民家で宅老所を開設した方からは、やってみればいろいろな案がでてくる、応援するからやってみるのがいい、というお話しもありました。
宅老所 すずかけの家
NPO法人 自遊の広場 小規模多機能型居宅介護事業所
http://takutotsuchiya.com/suzukake2/
たしかに、大変なことですがやってみることで、何かが見えてくるような気がします。
また、会を開く予定だそうです。

2016030903.jpg

2016030902.jpg

2016030901.jpg

| □藤野のこと | 17:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.05トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その3

016.03.05トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その3
朝はオープンサンドを作ってくれて、もりもりといただきました。
お昼は、まおこさんの鴨家キッチンへ。庭をみんなでフォレストガーデンにしてありました。養蜂もあります。
緑がいっぱいのお料理をいただいて、午後は、昨年のフィンドホーンとトットネスの報告会をさせていただきました。
夕方からは、ジミーハウスで懇親会。
トランジションタウンという活動だけで、どこに行ってもホームのような仲間がいて、居場所があって。
つながりってほんとにありがたい。
あたたかな浜松訪問になりました。ありがとう〜!!

鴨家キッチン
http://maoko70.hamazo.tv/

12670893_901535899944607_8070015335075410965_n.jpg

12524431_901535976611266_2561290382149008330_n.jpg

12439303_901535943277936_8903510133291923669_n.jpg

1928997_901536013277929_1430214183029480784_n.jpg

1653399_901535916611272_3248600769399567032_n.jpg

12928413_901535896611274_2114389416493197248_n.jpg

12923276_901536039944593_3414707248371398882_n.jpg

12923211_901535953277935_600677956358772599_n.jpg

12923188_901535996611264_7460990698627193132_n.jpg

12801679_901535986611265_6353343223454770611_n.jpg

12932630_901535926611271_5126380102625809442_n.jpg

| □トランジションタウン | 17:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.04トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その2 マルベリーハウス

2016.03.04トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その2 マルベリーハウス
2日間のミーティングは、桑原建設さんのモデルハウスを使用させていただきました。
自然住宅も手がける建設会社。トランジション浜松が、ガーデンを担当しました。
果樹やハーブを中心としたガーデン。石窯づくりのワークショップもしたそうです。淳くんが案内してくれました。
大阪、千葉、鈴鹿、南阿蘇、東京・・・全国から自腹で集まる理事メンバー。
浜松メンバーのお菓子やお酒、ご飯など差し入れなど、ありがたいです。
お昼は智ちゃんが働いているC-cafeへ。おいしかった〜。
みなんさんの大きな愛を感じて、あたたかい。
この日は、トランジションネットワークのベンさんとのスカイプ。
トットネスと日本のトランジションの交流は、ほとんどなかったのですが、今後やっていこうという話をしました。こんな小さなスペースで55カ所以上のトランジションタウンがある日本。よく考えたらすごいことだな〜と改めて思いました。
夜もよくしゃべったな〜^^

桑原建設
http://kuwabara-kensetsu.com/
C-cafe
http://ccafe.org/

11202814_901479883283542_1482727392496476026_n.jpg

10435981_901479843283546_3183438601663204162_n.jpg

1794826_901479929950204_8888507638950589944_n.jpg

12400980_901479973283533_7552396349003257257_n.jpg

984079_901480209950176_4114570026747961540_n.jpg

12919754_901479979950199_6308722331340073890_n.jpg

12801466_901479886616875_7910243715680092229_n.jpg

12717983_901479903283540_8754586964083715991_n.jpg

12717975_901527943278736_6314479773923803979_n.jpg

12524419_901480249950172_5117894434728044602_n.jpg

12801466_901479886616875_7910243715680092229_n_20160330172242129.jpg

12717983_901479903283540_8754586964083715991_n_20160330172240695.jpg

12717975_901527943278736_6314479773923803979_n_201603301722380e1.jpg

12924569_901480156616848_8994459575817854570_n.jpg

12932812_901479946616869_4206032853978675905_n.jpg

12936698_901479936616870_999520453572300533_n.jpg

| □トランジションタウン | 17:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.03.03トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その1 ジミーハウス

2016.03.03トランジション・ジャパンミーティングin浜松 その1 ジミーハウス
NPO法人トランジション・ジャパンミーティングを対面で年2〜3回行っています。
今回は浜松で。
トランジション浜松のギフトをたくさんいただきながら、濃いミーティングができました。
その前夜。
トランジションネットワークのナレシュ(日本でのトランジション立ち上げ時2009年に日本にいらっしゃいました)とのスカイプミーティング。主に、トランジションのトレーニングについてやりとりしました。
蜆塚のジミーハウスに宿泊。
シェアハウスで、トランジション浜松の主要メンバーが数名居住。
また、毎晩いろんな人が出入りし、物々交換や情報交換がされています。近所の人も含めて家族のようです。
地域の居場所 しじみづかの家ジミーハウス 
https://www.facebook.com/jimmyhouse74/
4月末には、ジミーハウスの隣に「ジミーセンター」ができます!
さらに、地域の方が交流しやすいスペースになるようです。

DSC_0665_20160330162216155.jpg

DSC_0668.jpg

DSC_0672.jpg

DSC_0686.jpg

DSC_0694_20160330162221a75.jpg

12936693_901467696618094_688164600038015529_n.jpg

12592523_901467683284762_8449465808286737268_n.jpg

12472790_901467723284758_2312537068171194963_n.jpg

12075005_901467709951426_5955509577799158791_n.jpg

| □トランジションタウン | 16:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3/19-20ふじのキッズシアター「僕らのサーカス物語」公演

藤野で15年もその活動が続いている、ふじのキッズシアター。
最初の年に顔を合わせた3人が、15年の間それぞれの道を歩み、今回、重要な役割で巡り会ったという背景がありました。
ここでは、誰よりも長くかかわっていた子どもたちが一番の先輩。
その強くて深い絆を感じました。続けることって本当に難しくて、だからこそ強い。
毎回、丁寧に積み重ねてきたのだな、支えた家族、そしてありすの粘り強さにほんとに感謝しかない。
その上にこうして、新しくあたたかく受け入れてくれてほんとにありがとうございました。

稽古中や小屋に入ってからも、沸き上がる、みなさんの想像力に感動しっぱなしでした。
ありすの引き出し方が、もちろんすばらしんだけど、それに応えたのはみんな。
多くの大人たちは、子どもたちに繋げたい未来のために、自分にできること!
デモに参加するか!の気持ちで参加したのだと思う。
そんな大人がこの藤野には多いのは確かだと思うし、共感してくれる人も多い。
多くの人に伝えたい。
不器用だから、表現したい。
そんな想いがつまってた。
今回の公演は、たくさんの垣根を越えた。年齢も学校も。地元も移住者も、役者も裏方も観客も。
多様性が影響しあっていた。
演劇には、人間だからこそ持っている、さまざまな要素が集結していると思うのです。
何もないゼロから、人が集まって、想像力によって舞台や表現がつくられて、感動が生まれる。
だから大好きなのです。そのプロセスと、場で生まれる緊張感と感動にしびれるのです。

30歳で舞台をあきらめた。その後は、社会の中で生きてみた。
地球上の生きとし生けるものすべてが、幸せに暮らせるようになりたい。
そのために私なりに、できることをしよう。
そう思いながら流れ着いた、今。
自分にできる活動を見つけた。生き方を見つけた。
まさか、再びお芝居できるとは思っていなかった。
ひとりでは、舞台はできない。それにそこまでの柔軟性が自分にはない。そう思っていた。
お芝居するのも怖かった。公演が終わってから、よっちゃんがプレッシャーだったでしょう。
と言ってくれてハグしてくれたとき、そうだったんだとわかった。
わんわん泣けた。
何か力になれたらいい。
描きたいのは未来。子どもたちが未来を描けるようになってほしい。
ほんとに大切なものとともに生きられるように。
大人にも、子どもにも、共感で伝えられることがうれしかった。
その感動がまだとまらない。

お話のなかには、原作にないストーリーも多々あるのです。
勧善懲悪にならない結末。
子どもたちに聞いて描いた明日国。
自分自身を見つめる大事さ。
痛みは愛があるから感じると言うこと。
カロファインとエリの過去。

テーマ曲の歌詞がまた素晴らしい。
(だれかアップしないかな〜)

舞台のがれきは新聞紙だし、布は誰かのパジャマだったり、さっちゃんのお気に入りだったり。。。
どんなものにも、どこにでも、だれにでもストーリーがある。
意味ないものなんてない。
意味ないところになんていたくない。

今回は公演の写真がないけれど、創造の場面を。
可能性は無限大だ。
愛と遊びと想像力がキーワードだ!
みんな愛してる!!

2016031704.jpg

2016031703.jpg

2016031702.jpg

2016031701.jpg

DSC_0011_20160322011124f5b.jpg

DSC_0012_20160322011208915.jpg

DSC_0015_201603220112090d7.jpg

DSC_0021_20160322011210cce.jpg

DSC_0024_20160322011212c38.jpg

DSC_0027_20160322011213682.jpg

DSC_0030_20160322011240d85.jpg

DSC_0038_20160322011241cd4.jpg

DSC_0043_20160322011243686.jpg

DSC_0047_2016032201124445e.jpg

DSC_0052_2016032201124680d.jpg

DSC_0065_20160322011309820.jpg

DSC_0070_201603220113105bb.jpg

DSC_0078_20160322011312990.jpg

DSC_0081_201603220113138af.jpg

DSC_0085_20160322011315d92.jpg

DSC_0087_2016032201134852e.jpg

DSC_0097_201603220113453cc.jpg

DSC_0102_20160322011346981.jpg

DSC_0135_20160322011347bc6.jpg

DSC_0147_2016032201134942b.jpg

2016032001.jpg

DSC_0148_20160322011449958.jpg

DSC_0152_2016032201145060b.jpg

DSC_0157_20160322011451150.jpg

DSC_0163_20160322011452121.jpg

DSC_0165_2016032201145490d.jpg

| ふじのキッズシアター | 01:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |