どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016.09.03Fujino Rock Festival!

2016.09.03Fujino Rock Festival!
展覧会がオープンしてから駆けつけたので、夜になって、しかも雨で、写真も撮れなくてアップできないな〜と思っていたのですが、まだぶれてない写真だけアップします。
もう、それはそれは藤野のお友達がたくさん来ているし、ホーリーにも会えたし^^
芳晴さんとみんなで、雨の中テントの中で大合唱!少しの時間でしたが楽しかった〜
集まる場があって、歌があれば、ほんとに最高だね!
居心地のいい場所をつくろう、という想いがものすごく伝わりました。
暗闇と少しばかりの灯り。
心がなごみました。
Fujino Rock Festival!

2016090300.jpg

2016090301.jpg

2016090303.jpg

https://www.facebook.com/events/1315934755101548/?active_tab=posts
スポンサーサイト

| □藤野のこと | 13:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月の藤野の企画展

駅前の藤野観光案内所ふじのねとシーゲル堂では、毎月、企画展があります。
9月がまたゆるい人たちがたくさんいて、癒されるので紹介しますね。
どちらも藤野在住の作家さんの作品。
「ふじのの妖精展」
http://fujinonosato.blog.fc2.com/
「里山」をテーマにして作品を持ち寄った、「ふじの里山展」
http://www1.ttcn.ne.jp/makime/sigeru/1608kikaku/1608.html
脱力できますよ〜^^

20160901.jpg

20160902.jpg

20160903.jpg

20160904.jpg

20160905.jpg

20160906.jpg

20160907.jpg

20160908.jpg

20160909.jpg

20160910.jpg

| □藤野のこと | 13:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.09.08徳島・神山町との交流会@里山長屋

2016.09.08徳島・神山町との交流会@里山長屋
メディアでみていた、神山町のみなさんが藤野に来てくださいました。
今回、山田貴宏さんの設計で神山に町営集合住宅ができるそうです。
まちを将来世代につなぐプロジェクト
http://www.town.kamiyama.lg.jp/office/soumu/kikaku/tsunapro.html
身の丈にあった、多様性とつながりと新しい仕事や活動を応援する行政。
まちの人たちと行政とのまちづくり。
いいな〜。相模原市は中山間地域の過疎化や移住にはまるで興味がない。
そのために、今、藤野観光協会でプロジェクトを準備しています。(それはまた紹介しますね^^)
この日は、神山町の手。建築士やデザイナー、大工さんや設備やさんが来て、藤野の山田さんが設計されたおうちをみてまわられました。
楽しかったです^^神山町行きたいよ〜!

一般社団法人「神山つなぐ公社」
http://www.in-kamiyama.jp/tsunagu/
まちを将来世代につなぐプロジェクト
http://www.town.kamiyama.lg.jp/office/soumu/kikaku/tsunapro.html

DSC_0191_20160918125853873.jpg

DSC_0192_20160918125854d5a.jpg

| □藤野のこと | 12:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.09.06ビオ市/野菜市 Bio-Ichi / Fujino Farmer’s Market vol.17

2016.09.06ビオ市/野菜市 Bio-Ichi / Fujino Farmer’s Market vol.17
この日のビオ市は、TV取材が2件。しかも海外向けですので、みることはできません。
先日は、ビオ市の様子がうつった地域通貨よろづなどを紹介したNHK番組のアーカイブがアップされました。
2016年09月13日放送 ひるまえほっと
「"つながり"で移住者呼び込む町」
http://www.nhk.or.jp/marukana-blog/cat/tv/post-142687.html
ふだん、藤野では会えない志果ちゃんやのぶうに会えたり、新しいつながりができたりで、この日もテンションが上がりまくっていました。
ちょうど、展覧会の会期中で宣伝と出逢いのうれしさで、時間を忘れました。
お買い物にいくだけなのに、お土産をたくさんいただくようです。
すっかりお買い物を忘れて帰ってきました^^;

ビオ市/野菜市 Bio-Ichi / Fujino Farmer’s Market vol.17
2016.09.06.tue 8:00〜11:00
at 藤野倶楽部/結びの家/百笑の台所 (Fujino Club)
https://www.facebook.com/bio831ichi/

DSC_0116_201609181210055e1.jpg

DSC_0119_20160918121006aa9.jpg

DSC_0120_201609181210074de.jpg

DSC_0121_201609181210082a4.jpg

DSC_0129_20160918121010fdf.jpg

DSC_0134_201609181210407f0.jpg

DSC_0137_20160918121041250.jpg

DSC_0142_20160918121042c36.jpg

14238137_10157408298615203_6296094094897747602_n.jpg

| □藤野のこと | 12:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.09.04夢を変え、ゲームを変え、世界を変える

2016.09.04夢を変え、ゲームを変え、世界を変える

リン・ツイストさんの来日に合わせて、チェンジザドリームシンポジウムを行っているNPO法人セブン・ジェネレーションズがワークショップを企画しました。
問題を知り、気づいて、システムを変え、世界を変えてゆくその第一歩というワークショップです。
リン・ツイストさん、ヒデさん(榎本英剛さん)のファシリテートでした。
今回のためのオリジナルのワークショップ。
ところどころ、リンさんのメッセージをはさみながら。

核になっているのは、3冊の本。
・ジョアンナメイシー 「Active Hope」
・リンツイスト 「ソウル・オブ・マネー」
・榎本英剛 「本当の仕事」

テーマにそってワークが始まりました。
《感謝からはじめる》
《問題点を共有する》
《ものの見方を変える》
私たちは、自分の普段のものの見方で世界をみています。
その世界はほんとうに豊かで不安も恐れもないものでしょうか?
何かを抱いているのであれば、見方を変えてみると発見があるかもしれません。
今の見方を考えてみます。

★世界をどうみるか チェンジザドリームシンポジウム
アマゾンの人たちは、人間の手によって犯されていく熱帯樹林をみながら、守りたいと思った。
アマゾンの人から見ると 多くの人がトランス状態に陥っているように見える
ある夢につかまって空回りをしているように見えた
もっと、もっと。これも、これも。というトランス状態。
毎日の行動を変えるのは難しいけれど、夢を変えると行動が変わるのではないか。
トランス状態から目覚めるのは難しい。
知るだけでも、気がつくだけでも一歩前進している。
トランス状態から目覚めるシンポジウム。
思い込んでいることを、すべてがつながっているという見方に変える。

★お金をどうみるか ソウルオブマネー
トランス状態にしているのは、お金との関わりが強い
乏しい、足りないという意識に支配されている
私たちは、ばらばらであるという意識と源は同じ
これだけあれば充分だということを知らない
充分じゃない、多い方がいい、そんなもんでしょう
というマインドセットにはまっている
充足と欠落
自分がもっているものを分かち合う
充分だと思えることが大切
誰もが自分が必要とするものは持っている
発見して、感謝して、分かち合う

★仕事をどうみるか 天職創造セミナー
どうしたらもっといきいきと仕事ができるのか?
を考えるところに答えはない。
私は仕事をいうものをどう見ているのか?
・モノの時代の4つのメガネ
・ココロの時代の4つのメガネ
今はその狭間にいるのではないか
「仕事とは、自らの存在意義を探求し、表現することである」
自分の人生に沿った行為であるかどうか
見つける、考えるよりも思い出すことなんじゃないか

【キーメッセージ】
すべてはつながっている
必要なものはすでに充分持っている
誰もが目的を持って生まれてくる

☆ジョアンナメイシーの「菩薩たちの再会」のワークをしました
多くの方が響いたようでした。
深いつながりをそれぞれが感じていました。

午後は、「レバレッジポイントを探る」
レバレッジポイントとは、てこの原理などで、大きな動きのために、どこに力を入れればいいか、そのポイントのこと。
リンツイストさんが運営している、パチャママアライアンスで、2年かけてこのレバレッジポイントを探ったそうです。そして二つレバレッジポイントだと思っていることがあるそうです。
・政治とお金を遠ざける(民主主義がお金に乗っ取られている)
・気候変動
ここに、今後働きかけをしていくと話してくださいました。

日本での、私たちの社会での、日々の生活のなかでのレバレッジポイントは何だろう。
テーマにわかれて、グループで話し合いました。

最後の、リンさんからのメッセージは
「よし、って心を決めないかぎりは変わらない。
世界が変わる日、ゲームが変わる日、システムが変わる日にするためには
コミットすることです」

背筋がシュッとするような一日でした。
久しぶりに会った人、初めて会った人。
そして、いっしょに歩んでいく、変わっていくのだという、あたたかな覚悟を感じた一日でした。

大きなイベントご苦労さまでした。
大好きな仲間が一生懸命に起こしたきっかけとチャンス。
何かが始まる予感がしました。

打ち上げではいろんな人と、帰りの電車ではヒデさんとなんだかとてもいい話をしたのに、またもや覚えていない^^;
何か思い出せないかな〜
今回のイベントについて話したのに。。。

夢を変え、ゲームを変え、世界を変える
~ ひとりの力を社会の力に変える1日 ~
http://www.sevengenerations.or.jp/change-the-world-2016

DSC_0002_20160918113100be3.jpg

DSC_0009_20160918113101fe4.jpg

DSC_0019_201609181131035bc.jpg

DSC_0024_201609181131040ce.jpg

DSC_0031_20160918113106e76.jpg

DSC_0034_20160918113139ffa.jpg

DSC_0059_20160918113140da8.jpg

DSC_0064_20160918113141c91.jpg

DSC_0075_201609181131433ef.jpg

DSC_0090_20160918113213274.jpg

DSC_0092_20160918113214b4f.jpg

DSC_0102_20160918113215a65.jpg

DSC_0107_201609181132171f9.jpg

| □内なるトランジション | 11:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.08.28のらっちぇ くらっちぇ〜コドモが主役でなぜわるい!?

2016.08.28のらっちぇ くらっちぇ〜コドモが主役でなぜわるい!?
藤野に暮らす人の出逢いとつながりの交流会をイメージしてはじめた、のらりくらり。
3回目で、のらっちぇくらっちぇとタイトルを変え、遊ぶことがメインになりました。
藤野の、のりってすごいな〜^^;
写真を振り返りながら見ていて、こどもはもちろん楽しそうなのですが、大人が真剣に遊ぶ姿がおもしろくて。
気がついたら一生懸命になっていて、何も飲んでなかった、のど渇いた〜という大人続出^^
大量の段ボールと筒などを置いているだけなのに、タワーはいくつもできるし、ロボットはできるわ、台所もできる。段ボールで羽もつくってた。みんなつくりっぱなしでした。
想像力って、理屈じゃない。考えることでもない。感じてきがついたらとまらなくなる。
自分のやりたいことがどんどんふくらむこと。
楽しかった〜
紙芝居に、おひるね金魚のライブ。
おそのいさんも歌ってるし、絵本もいっぱいあるし、おいしいものもいっぱいある。
削るかき氷が素晴らしかった^^
思えば、暑い最中に冷房もないこの場所をよく選んだな〜と。
風が通るだろうと思っていたけど、そんなところじゃなかった。
運よく雨のあとで涼しい日で本当によかった。
そして終わったら雨だもんね。
こんなに子どもが集まってるイベントってみたことない〜って言われたのが嬉しかった^^

「のらっちぇ くらっちぇ 〜コドモが主役でなぜわるい!?」
https://www.facebook.com/fujinonorakura/?fref=ts

DSC_0143_20160914234841de3.jpg

DSC_0149_20160914234842f75.jpg

DSC_0153_201609142348438cc.jpg

DSC_0159_20160914234844823.jpg

DSC_0163_20160914234846f25.jpg

DSC_0171_201609142349114da.jpg

DSC_0172_2016091423491225c.jpg

DSC_0173_2016091423491424a.jpg

DSC_0175_20160914234915fad.jpg

DSC_0178_20160914234916848.jpg

DSC_0179_20160914234941d36.jpg

DSC_0183_20160914234942414.jpg

DSC_0184_201609142349430cf.jpg

DSC_0201_201609142349463fb.jpg

DSC_0193_20160914234947813.jpg

DSC_0204_20160914235020f9c.jpg

DSC_0210_20160914235021364.jpg

DSC_0213_2016091423502370c.jpg

DSC_0216_2016091423502452f.jpg

DSC_0219_2016091423502517c.jpg

DSC_0233_20160914235054467.jpg

DSC_0230_20160914235054ff5.jpg

DSC_0241_2016091423505781a.jpg

DSC_0234_201609142350577fc.jpg

DSC_0252_2016091423505883d.jpg

DSC_0257_2016091423512690e.jpg

DSC_0258_20160914235129353.jpg

DSC_0261_20160914235131d19.jpg

DSC_0266_2016091423513299e.jpg

DSC_0270_2016091423513328e.jpg

DSC_0273_2016091423521447c.jpg

DSC_0278_20160914235215c9f.jpg

DSC_0283_201609142352178e6.jpg

DSC_0288_201609142352190e6.jpg

DSC_0010_201609142352206ae.jpg

DSC_0012_20160914235254542.jpg

DSC_0015_20160914235255eab.jpg

DSC_0028_20160914235256c5a.jpg

DSC_0030_20160914235259350.jpg

DSC_0029_20160914235301f0b.jpg

DSC_0031_2016091423532717b.jpg

DSC_0036_20160914235328dcc.jpg

DSC_0040_201609142353293b7.jpg

DSC_0042_20160914235330066.jpg

DSC_0044_201609142353319dd.jpg

DSC_0052_20160914235353a62.jpg

DSC_0055_20160914235354afc.jpg

DSC_0060_20160914235354432.jpg

DSC_0064_20160914235356dfb.jpg

DSC_0072_20160914235357357.jpg

DSC_0073_20160914235431686.jpg

DSC_0084_20160914235433272.jpg

DSC_0075_20160914235437417.jpg

| □藤野のこと | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.08.27ゆるゆる大横丁 in 百姓の台所

2016.08.27ゆるゆる大横丁 in 百姓の台所
ゆるゆると振り返っています。
暗すぎて写真がぼけぼけでアップできる写真がないのですが、なおちゃんのジャージ姿が撮れていました^^
翌日イベントでゆっくりいられなかったのですが、おろちくんのおはぎや、池ちゃんのタイ焼き、ひろくんのたこ焼きなどなどを買って帰りました。
横丁という裏通り感満載で楽しかったですね^^
薬草のお酒に興味しんしんだったのですが、次回を楽しみにしたいと思います。
まめちゃんのキキがかわいかったな^^
ゆるゆる横丁は、仮装路線でいくのかな〜
次回も楽しみにしています〜♪

ゆるゆる大横丁 in 百姓の台所 8月27日 OPEN!
https://www.facebook.com/events/1716850805232790/

DSC_0106_2016091422551473a.jpg

DSC_0115_2016091422551696f.jpg

DSC_0120_20160914225517ee8.jpg

| □藤野のこと | 22:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.09.01-12ふじの・森からの創造展―疎開画家の足跡と未来―

みなさん、ありがとうございました〜!!
とうとう終わってしまいました。幸せな空間だったな〜
がらんとした会議室、職場の目の前の空間で展示をしていました。
さびしいけれども、たまっている宿題と次のプロジェクトが動いています。
昨日は、ばらしと疎開画家の作品を返しに行きました。
大切な作品が無事に所有者に戻り、ほっとしています。
9日間、約900名の方が来場してくださいました。
ほんとに大盛況でした。

作家の方とのやりとり。写真とコメントをいただいてパンフレットをつくりながら、みなさんの創造の魂に少し触れた気がして、嬉しかったです。一つ一つの作品に込められた想い。
疎開画家に縁があったかたともたくさんお話ししました。
戦争当時のお話しや、エピソード。なんて、みんな人がいいんだろう。
偉い人だって、おなかもすくだろう。分かち合いのお礼でいただいた絵画。物々交換。

すばらしかったのは、作家のみなさんが会場づくりをガチに手伝ってくださったこと。
多いときには15名くらいが、それぞれができるところで、教わりながら、話しながら、作業していました。
そして、まかない。みんなで、同じかまの飯を食べながら、ますよさんのご飯を食べる。差し入れをいただいたく。ごはんの写真がなんと多いことか^^
役場の会議室で展覧会の会場をつくって、役場の1階にまでいい匂いとカンカンという音を響かせながら作業しました。楽しかったです。
今回、私はまさに制作側で、お手伝いさせていただきました。

できあがった空間はそれは素晴らしかった。
ほんとに心地よくて、毎朝、会場を開けて見渡す特権が嬉しかった。
ぐるりと見渡せて、円になっていて、時空を超えて、どの作品もキラキラとヒカリがあたっていました。
リピーター、ずっと居続けたい人続出でした。
授業でみにきたことどもたちが、放課後また来てくれました。

7日には、藤田嗣隆さん、藤野の疎開画家に縁があった方とのお話し会があり、話がどこへ行くのかひやひやしながら聞いていたり、最終日には、ポルタティーフオルガンの演奏会がありました。
約70名の方が集まって、オルガンの素朴な音色に耳を澄ませました。
杉山卓さんが素敵な演奏をしてくださいました。

ほんとにたくさんの方が来てくださいました。
ただただ、私にとっては、ますよさんありがとうございました〜!!
今回の企画は、市のメッセージ事業の補助金でお金が出ているので、そうそう何度もできるものではないのですが、また機会があればいいなと思います。
5年前の25周年の開催から培ったものがあったから、今回できました。
がんばって提案してみてよかった^^/
ありがとうございました!!

藤野ふるさと芸術村創成30周年記念事業
「ふじの・森からの創造展―疎開画家の足跡と未来―」
https://www.facebook.com/events/1581727872129262
神奈川新聞の記事
http://www.kanaloco.jp/article/196995

DSC_0114_20160913214029ae9.jpg

DSC_0143_20160913214031527.jpg

DSC_0144_2016091321403106c.jpg

DSC_0126_20160913214037a91.jpg

DSC_0125_20160913214027c18.jpg

DSC_0146_2016091321412486a.jpg

DSC_0148_20160913214125855.jpg

DSC_0153_2016091321412660d.jpg

DSC_0157_20160913214128d6c.jpg

DSC_0159_2016091321412938e.jpg

DSC_0160_20160913214215043.jpg

DSC_0165_201609132142177b9.jpg

DSC_0172_201609132142209c5.jpg

DSC_0174_20160913214221f74.jpg

DSC_0168_20160913214222e82.jpg

DSC_0180_20160913214311b72.jpg

DSC_0187_20160913214312398.jpg

DSC_0201_201609132143150d5.jpg

DSC_0204 1

DSC_0181_201609132143111a6.jpg

DSC_0309_201609132144174ed.jpg

DSC_0265_201609132144165f0.jpg

DSC_0210_20160913214415b88.jpg

DSC_0216_20160913214414ea1.jpg

DSC_0204_20160913214412b3e.jpg

DSC_0323_20160913214527485.jpg

DSC_0342_201609132145329a0.jpg

DSC_0316-1.jpg

DSC_0346_2016091321453481c.jpg

DSC_0336_2016091321454365a.jpg

DSC_0361_20160913214629402.jpg

DSC_0353_20160913214627d64.jpg

DSC_0352_2016091321462561b.jpg

DSC_0346_201609132146251d5.jpg

DSC_0342_20160913214623e62.jpg

DSC_0382_20160913214701020.jpg

DSC_0396_20160913214701b18.jpg

DSC_0399_201609132147022a9.jpg

DSC_0403_201609132147043f7.jpg

DSC_0387_2016091321470048e.jpg

DSC_0404_201609132147392e3.jpg

DSC_0407_20160913214741a14.jpg

DSC_0408_20160913214742ee9.jpg

DSC_0412_201609132147445d0.jpg

DSC_0419_20160913214744a9f.jpg

kanagawasinbun.png

| □藤野のこと | 21:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |