どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年あけました!

あけましておめでとうございます^^
今日は年賀状をつくっていました。
昨年の写真やFBをみたりしながら、うーん家族や畑の写真が全然ないな〜とおもいました。
昨年は考えるよりも、どんどん事が進んで行くことが多かったように思います。
おかげで消化できていないことがたくさんあって、でも何から手をつければいいのか、考えあぐねる、そんな毎日でした。

何十年振りの舞台、「サーカス物語」からはじまり、玄さんの娘さんとの生活、早朝お弁当づくりの毎日が始まりました。
生活のリズムが変わり、自分はどうあればいいのか困惑しながら積み重ねて行ったような気がします。
ジョアンナメイシーに会いにサンフランシスコへ行き、たくさんの仲間と時間を共有し、ジョアンナから深い学びをいただいたき感動し、これをどう生かして行こうか、まだ消化できていません。
夏からは藤野観光協会にフルタイムで出勤するようになり、イベントもピークに。
藤野在住の作家さんの展覧会ができて、たくさんの方が尽力してくださって、すばらしい展覧会になり感無量でした。
本格的なwebサイト制作やフリーペーパーの制作。そんな渦中の中で、トランジションタウンの活動もできる範囲で続けいています。
どこもやりたい事が積み重なっている状態。
お料理や畑作業、土に関する事も昨年は手を放していました。

今年、2017年はじっくりと自分の創作物に向き合いたいと思っています。
自分との対話、創作する事、創造すること。
たくさんいただいたギフトを自分なりに消化していきたい。
文章を書いたり、まとめたり。
デザインしたり、整理したり。
そんなことを年頭につき、おもっています。

つぶやきの文章ですが、いつも気にしていただいてありがとうございます。
お返事が遅かったり、できなかったり、気配りが届かなかったり、忘れてしまっていたり、いろいろと迷惑もかけていてほんとにごめんなさい。
そんなときにはどうぞいつでもアドバイスください。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2017.jpg
スポンサーサイト

| □暮らしのなかで | 21:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年大晦日

大晦日の今日は、なんと俊太郎さんに整体をしていただきました。
一週間前くらいから目の奥が痛くて、かすかな頭痛が続いていました。
それを玄さんに話したら、俊太郎さんに電話してくれて、こんな年の瀬に予約をいれてくれました。
おかげさまで、効いています。
からだがバキバキいっていて、無理を通すところでした。
俊太郎さん、ありがとうございました!
玄さん、予約してくれてありがとうございました!
朝からおせちをつくり始めたのですが、今回は何をつくるかあまり決めていなくて。
うちでとれた野菜をメインに。たらたらとつくり、さきほど詰め終わってすべての洗い物と台所を掃除して、お風呂に入って。
やっとひといきついたところ。
おせちというよりは、作り置きという感じですが。。。
つくり終わるとほっとする、年を越す実感がわいてくるおせちづくり。
玄さんは今晩から2日まで夜勤。
(玄さんの)娘ちゃんと年末を迎えています。
あとで除夜の鐘つきに行こうか、と話したら行きたい!鐘をつくのは初めてと、目を輝かせていました。
静かな年の瀬。いつもの夜と変わらないのに不思議なものです。
夜に包まれたこの時間が愛おしい。みんなとともに過ごす夜。
地球のあらゆるところで、優しい時間に包まれていますようにと祈りながら。
平和を願います。すべての出会いに感謝をこめて。
今年もありがとうございました。良い年をお迎えください!

DSC_0002_2017010121283059b.jpg

| □暮らしのなかで | 21:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西八王子のネパール家庭料理サクンタラ

12月25日クリスマスは、西八王子のネパール家庭料理サクンタラShakuntalAに行きました。
https://www.facebook.com/ShakuntalA.NEP/?fref=ts
藤野に出没するカマルさん。
いただいた野菜も、これは佐藤さんの野菜と言われ、いろんなところで藤野のものがいただけるようになってきました^^
お店ははじめて行きました。駅からすぐ近く。
備長炭でナンを焼いているそうです。
美味しかったよ〜^^

IMG_4096.jpg

| □暮らしのなかで | 21:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.12.25クリスマスの贈り物「プラネタリー」日本語版上映会(東京)

「PLANETARY」という映画もみてきました。
http://weareplanetary.com/
2016.12.25クリスマスの贈り物「プラネタリー」日本語版上映会(東京)
http://kokucheese.com/s/event/index/438496/
ほんとに地球は美しい。何がうれしいってこの地球をお母さんとして、ここに生きていること。地球の美しい映像。
そして、私たちの目にうつる今。人、舗装された道路、無機質な建物。必要以上な明かり、装飾。東京の風景もたくさん出てくる。
たくさんの人が地球、現在について語っている。
否定でもなく、行程でもなく、ありのまま、そして本質、真実を。
友人が日本語訳してくれて、映像に字幕を入れてくれた作品。
彼らが届けたいことがしみいってくる。
映画のあとの対話が、映像を立体的にして行く。
自分ごととして引きつけられて、つながりってこういうことという感覚が体現できる。
藤野で上映したいと思っています^^ぜひ、参加してね〜

| □暮らしのなかで | 21:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016.12.25映画「この世界の片隅に」

2016.12.25映画「この世界の片隅に」をみてきました。
http://konosekai.jp/
なぜか、さいしょから涙がこみあげた。
やさしい歌声。きれいな絵。
人が創りだす優しさや想いにふれるとこみ上げてくる。
まともであることがなぜこんなに難しくなってしまったのか。
すずさんのまともさが、丁寧に描かれている。
まともってことは、あたりまえの暮らしと言いたいことがきちんと言えること。
野草でお料理をつくるシーンはほんとに美しかった。
まともに生きているからこそ、一瞬一瞬が美しい。
方言が心地良くて、広島出身の母が言っていた汽車に乗るときはトンネルが来ると窓を閉めないと真っ黒になるの、と言っていたエピソードがそのまま描かれていて、笑っちゃった。母に見せたいなと思った。
戦争と隣り合わせ、死と隣り合わせで生きていること。
決して昔のことではなくて、今、私に大切なこと。
史実はねじれてゆく。けれども人の暮らしはねじれないし生きた証がある。
たくさんの人の体験が集約した映画なのだと思う。
たくさんの人にこの映画が届きますように。

IMG_4093.jpg

| □暮らしのなかで | 21:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |