どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015.07.20 トットネス3日目  リエコノミー・プロジェクト

ジェイさん リエコノミー・プロジェクト

気候変動、資源の枯渇の問題は経済の仕組みが生み出した問題。
グローバルな企業に牛耳られています。
多くの意志決定は、民主的なプロセスを経ていないことが多い。

グローバルな経済に依存していることから脱却することが出発点。
地域に根ざした経済。
何から?

たとえば、地域通貨(トットネスポンド)おもしろいんじゃない?
というところからはじまりました。
なぜ、自分たちの地域通貨を持つことが大切?

地域資本のビジネスの意識を高めることができる。(問題意識を高める)
地域の中にお金が循環する。(乗数効果)
地域通貨はぽこぽこと生まれている。

イギリス全国に地域通貨が広まっている。
ブリストル(50万人くらい)では、市長はお給料を地域通貨でもらっている。
税金も納められる。
スペイン セビリアでも始まりそう。
地域のアイデンティティを高めることに役に立つ。

4年前 2つのプロジェクトが始まった
★ローカル地域経済の青写真
Totnes Local Economic Blueprint

ダウンロード
http://www.transitiontowntotnes.org/groups/reconomybusinessnetwork/economic-blueprint/

地域のキーマンに地域経済を高めることを学んでもらうため。
どういう分野が持続可能にするセクターなのかを解明するため。

一年半くらい作成するのにかかった。
どんな地域経済ができたらいいんだろうね、というビジョンを描く。
地域経済の目的 
住んでいる人たちの幸福。
コミュニティの中にあるニーズを最大限に満たす。
資源を公平に分配する方法をみつける。
自然システムの限界を考慮する。

このなかの、食の部分。
食料にかける2/3のお金が1つのスーパーに落ちている。
トットネスで消費されるフードの3/4はトットネスの外から来ている。
スーパーそのものには4日分くらいの食料しかない。
スーパーがなくなったらどうするの?
スーパーは地域外のチェーン店。
スーパーは、地域のスーパーより雇用を生まない。
2200万ポンドをそのスーパーで落とします。

エネルギーの部分
6〜700万ポンドのお金が外に流れる。

住宅の部分
エネルギー効率のよい家
全国平均の2倍の人が光熱費を払えていない。
まっとうな家の定義 1/3くらいが基準を満たしていない。寒い。

健康と福祉の部分
NHS 国民保険制度
介護保険のしくみ

ローカルリーダーを訪ねていろいろなことを学びました。
ローカルリーダーからサポートをもらうことになった。

プロジェクトがいろいろとはじまった。
ケアリングタウン
リエコノミーセンター

★ローカルアントロプレナーフォーラム

スポンサーサイト

| よく生きるツアー@イギリス | 18:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT