どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015.07.26-27 帰路

旅を振り返って感じたことは、これからも実践者でありたいということ。
いままでと変わらず、アクティブに生きることを続けること。

旅の終わりに書いた文章。

パディントンの駅で、まきさんとひろみんときよみさんと別れるときに、涙があふれた。
ホテルから駅まで、重い荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、時間までいっしょにすごしてくれたり。
電車の扉が閉まっても、涙を浮かべて手を振ってくれるみんな。
その瞳が忘れられない。
彼女たちはシューマッハカレッジへ。私は帰国。
また、会えることも、またいっしょに活動することもわかっているのに、どうして涙があふれるのだろう、と思った。
そう、あふれでてくる感謝。
いっしょにやった体験や、いっしょの時を過ごしたこと、いっしょに話したこと。
それはまさに感謝なのだなと思った。
いもづる式に、走馬燈のように、旅のなかで出逢った人や、話や、見た景色、シーンが浮かぶ。
そして、私を支えてくれている家族や大好きな仲間や友人、大地、お母さんである地球、感謝の連鎖が果てしなく続く。
つながりがあるからこそ、感謝があるからこそ、私はここにいて、生かせてもらっている。
ほんとにありがとう。
なかなか涙がおさまらない。
おさまらないどころか、どんどんあふれ出てくる。
ありがとう。
感謝から、また、はじめる。

2015072601.jpg

2015072602.jpg

2015072700.jpg

2015072701.jpg

2015072702.jpg
スポンサーサイト

| よく生きるツアー@イギリス | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT