どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

石老山に行ってみました

お正月、一年のはじまりになにをしよう。
と考えながら、時間がとれなくてできなかったっことをしょうと思いつく。
山に登る!運動不足な私でも大丈夫そうなところ。(藤野の山はたいがい大丈夫なのですが)
大きな岩がたくさんあると聞いている石老山、
玄さんに相談すると、東海自然歩道なので道標もきちんとあるので、一人でも迷わないとのこと。
いいかも!と行ってきました。

密かに藤野15名山行きたいと思いながらまだ1/3も行けていません。
来年から、元旦はどれかに登るというのもいいかもしれない〜と思いました。

重い腰も、その気になって着替えてしまえばなんとかなるもの。
しかも、送り迎えは玄さんにお願い。しかも顕鏡寺まで送ってもらいました。

お寺に手を合わせて、鳥居をくぐって山に入ります。
足を踏み入れたとたんに森に包まれます。
しかし、さすが石老山。一気に登っていく感じです。
木の根っこが階段のようになっていたりで、一段一段がけっこう高い。
最初はいろいろな石があって、おもしろい。
どうしてこんなに大きな岩があるのだろう。高さが14mの岩まであります。
風景を楽しみながら久しぶりの山を楽しみました。

DSC_0015.jpg

DSC_0017.jpg

DSC_0022.jpg

DSC_0023.jpg

たまに開けたところがあって、見晴らしがいい!
融合平という素敵な名前の見晴らし台もありました。
お天気もよくて汗をかきながら登ります。
しかし、行けども行けども山頂にたどりつかず。
まだかな〜と思いながら、歩くと頂上へ。
鳥居をくぐって1時間強かかっていました。

201502.jpg

201501.jpg

DSC_0036.jpg

DSC_0041.jpg

山頂では、人がひとり。今まで誰にも会わなかったのですが。
持ってきたあたたかいコーヒーで癒されます。
しばらくするとぐっと冷えてきて、お天気があやしい。
写真を撮ったり、休憩の後、下山を始めると白いものがちらちらと。。。
わ、雪!!!
帰りはらくちんですが、落ち葉が多くて滑りそう!
気をつけながら歩くと、金比羅神社が。
長屋をつくってくれた高橋棟梁作の神社。
わあ〜そうだった!とうれしくなりました。
篠原に向かう道を、雪のことを少し心配しながらさくさくと歩きました。

DSC_0048.jpg

DSC_0059.jpg

そのうちに、民家が見えました。
なんだかほっとするな〜きっと、誰もが民家が見えるとほっとするのかなと思いながら、
その美しさに胸がいっぱいになりました。
雪が少し強くなるなか、山道は終わりました。

DSC_0065.jpg

DSC_0073.jpg

DSC_0094.jpg

このあとは、知った道。
玄さんにお迎えをお願いして、車でピックアップしてもらいました。

歩いて暑くて汗でびっしょり。
新年から山登りできてよかったな〜と思いました。

2015.1.1
スポンサーサイト

| □藤野のこと | 17:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT |