どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1/3〜7日『藍色少年少女~Indigo Children~』@渋谷ユーロライブ

1/3〜7日『藍色少年少女~Indigo Children~』@渋谷ユーロライブ
ふじのキッズシアタープレゼンツ
~かつては子供だったすべての少年少女に捧げる"選択"の物語~
藤野の風景を画面で見るとちょっと感動です。懐かしく、あたたかな風景。
そして登場するこどもたち。役者ではありません。
普通に小学校や中学校に通うこどもたち。
そして信じられないくらいの集中力で、自分の役に没頭し、生き、楽しんでいます。
倉田監督の脚本、言葉が刺さります。ずっしりと響きます。
私たちの未来は、こどもたちが継いでいくのです。
彼らが描く未来が、夢が少しでも実現できますように。
そして、こどもたちのあり方から、私は気づかされています。
立ち止まってこの時間を感じよう、語り合おう、こころを澄まそう。
みんなに観てほしい。今回渋谷で上映ができるので、どうか、お近くの方は観にいってください。きっと、宝物に出逢えるはずです。

倉田健次 脚本 監督
柳田ありす 結城貴史 共同プロデューサー
 
★予告編:https://www.youtube.com/watch?v=RNbP4Mr-6lg
 
★あらすじ
「保養活動」として福島の子供を招致する町で暮らす少年と福島から来た少女は、舞台『幸せの青い鳥』の主役に抜擢された事から実際に「青い鳥」を探し始める。旅の途中で人生の綻びを抱えた者達に出逢っていく二人は、ありったけの力を使って全ての人々の心を救済しようと疾走していく。そして少年少女は自分達だけの「青い鳥」を手に入れる…。
 
★監督・倉田健次メッセージ
本作は未来の子供達への応援メッセージというだけでなく、大人達への再びの目覚めともなると信じております。今、日本に住む我々が学ぶべきは、姿なき絶望よりも、曇りない子供の心が描く未来の姿だと私は思っております。
 
★日時:2016年1月3日~7日 13時15分~(13時開場)
★場所:渋谷・ユーロライブ http://eurolive.jp/access/
★チケット:前売り 大人1500円 小中高生1000円
      当日  大人1800円 小中高生1300円
      ※当日、劇場にてチケット販売あります。
★チケット予約:【予約専用】aiiro@fujino-kidstheater.net
 
☆毎日上映イベント御座います!
 詳細はふじのキッズシアターホームページで随時upします。
 http://fujino-kidstheater.net/

☆3日・5日・7日は【トークショー&ミニライブ】
☆4日・6日は【トークショー&ショートフィルム】
☆トークショーは毎回、キャストと監督が日替わり登壇!
☆ミニライブは映画挿入歌のシンガーソングライター「芳晴」さん、ふじのキッズシアターOBOG!
☆ショートフィルムはセルビア映画祭コンペティション部門グランプリノミネート作品『EVERY TIME WE SAY GOODBYE』上映。

https://www.facebook.com/events/1705973549647093/


pict_02.png

12065563_712752735521723_7387958511322857327_n.jpg

10513299_712752725521724_1451544365048642156_n.jpg
スポンサーサイト

| □藤野のこと | 23:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT