どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016.12.25映画「この世界の片隅に」

2016.12.25映画「この世界の片隅に」をみてきました。
http://konosekai.jp/
なぜか、さいしょから涙がこみあげた。
やさしい歌声。きれいな絵。
人が創りだす優しさや想いにふれるとこみ上げてくる。
まともであることがなぜこんなに難しくなってしまったのか。
すずさんのまともさが、丁寧に描かれている。
まともってことは、あたりまえの暮らしと言いたいことがきちんと言えること。
野草でお料理をつくるシーンはほんとに美しかった。
まともに生きているからこそ、一瞬一瞬が美しい。
方言が心地良くて、広島出身の母が言っていた汽車に乗るときはトンネルが来ると窓を閉めないと真っ黒になるの、と言っていたエピソードがそのまま描かれていて、笑っちゃった。母に見せたいなと思った。
戦争と隣り合わせ、死と隣り合わせで生きていること。
決して昔のことではなくて、今、私に大切なこと。
史実はねじれてゆく。けれども人の暮らしはねじれないし生きた証がある。
たくさんの人の体験が集約した映画なのだと思う。
たくさんの人にこの映画が届きますように。

IMG_4093.jpg
スポンサーサイト

| □暮らしのなかで | 21:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT