FC2ブログ

どこでもGAIA〜地球に暮らす

藤野発。身の丈と地に足がついた暮らしを意識する、トランジションライフを発信します。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.08.07ビオ市/野菜市

この日はトマトまつり。ドレスコードは赤。赤い服を着てくると100円のビオチケットをもらえます。
台風が来る前で、落ちる前に収穫したトマトさんがたくさん!
赤い服もたくさんで、なんだかポップな気分。
夏休みなので、こどもたちも多かったです^^

DSC_0270_20180812002823dd2.jpg
DSC_0273_201808120028241c4.jpg
DSC_0274_2018081200282536f.jpg
DSC_0278_201808120028277f7.jpg
DSC_0286_20180812002828161.jpg
DSC_0289_2018081200283017a.jpg
DSC_0291_201808120028315d1.jpg
DSC_0293_20180812002833cdf.jpg
DSC_0294_201808120028340f2.jpg

| □藤野のこと | 00:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.08.08ダラダラッドカフェ

藤野には摩訶不思議なイベントが存在します。Naocolove+Jun Nasrettin Produce
DARADARAD CAFE
セルフビルドの素敵な仕事場でダラダラしようというイベント。
純さんは、この仕事場だけではなく、他にもアトリエをセルフビルドしているし、誰もが始める前から、電気をオフグリッド化しているのです。
いろんな引き出しを持つ純さん。
グラフィックデザイナーなのです。
コーヒーをいただき、免疫ヨーグルトという効能だけを見ても薬のようなヨーグルトをいただきました。
台風が来るという日。さすがにお客さんもポツリ。おかげさまで堪能させていただきました。

IMG_5925.jpg
IMG_5926.jpg
IMG_5924.jpg
IMG_5923.jpg

| □藤野のこと | 00:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.08.10.1940'sフジタ・トリビュート/藤田嗣治展

今年は藤田嗣治の没後50年にあたるそうです。藤野で観光協会で働いているからこそ、ご縁をいただいて、藤野で疎開していた藤田嗣治に出会いました。
藤野で暮らした1年弱。地元の人と交流し、おそらく「サイパン島同胞臣節を全うす」の作品は藤野で描かれたのではないかと思われます。
東京芸術大学で、「1940'sフジタ・トリビュート」という企画があり、15日までだったので、急遽行ってきました。
芸大の先生(と言っても芸術家でもある)の小沢剛研究室の方から連絡をいただき、藤田嗣治が住んでいたところを案内して、作品を制作するところに一ヶ月前に立ち会いました。
作品は映像で、戦争画にまつわる出来事と藤田嗣治へのオマージュが描かれていました。
藤田さんは、軍から戦争画を描くことを依頼され、いくつかの生々しい絵を描きました。
その絵からは、戦争の残忍さがうかがえる。そこには、赤裸々な殺し合いが描かれている。
絵は全国をまわり、観覧された。藤田は片隅に立って、絵を見てお辞儀をする方に、お辞儀をかえしたとも言われる。
藤野で終戦を迎え、軍側にいた藤田は一変して戦犯と呼ばれるようになる。藤田は、痕跡をなくし、地元の人に手伝ってもらって描いた絵を燃やした。漢字で書かれたサインはローマ字に描き直した。
そして、日本にはいられなくなり、アメリカを経由して、フランスへ行き二度と日本には戻らなかった。
藤田は藤野で、戦争に行く兵隊さんへの寄せ書きに、蛙と豆を描いている。「まめにかえってきてください」という想いがそこに描かれている。何枚か残っています。
戦争中の藤野での出来事を、疎開画家を通して想いを馳せています。
藤田嗣治の展覧会もゆっくり見て回りました。藤野でも猫を飼っていたのかしら、と思ったり。
藤野にある作品を見ているだけでも、お茶目な、洒落っ気のある方だったんだなと思います。
今回は、今までで一番たくさんの絵が集まった展覧会だとか。
すばらしい作品がたくさんありました。
猫の絵と、亡くなる間近に描かれた、黒人のマリア様の絵が好きです。
不思議なご縁もあるものです。
展覧会の100円引きのチケットが3枚あるので、欲しい方がいらっしゃったら差し上げますよ^^

IMG_5933.jpg

IMG_5928.jpg

IMG_5927.jpg

20180701.jpg

| □藤野のこと | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.07.13再演音楽朗読劇「100年のときをこえて〜みすゞから私へ〜」

2018.07.13再演音楽朗読劇「100年のときをこえて〜みすゞから私へ〜」
まさか、こんなにたくさんの方が来てくださると思ってもいなくて、
まさか、こんなにも愛が湧き出て来る芝居になるだなんて。
ほんとうにありがとうございました。

監修のアリスも先ほど、FBで投稿していましたが、
「あなたが絶望を感じているのは、
あなたの中に愛があるから、、、」
「こんなにも大切なものが、近くにあったのにねーー」
「あなたが書いた言葉は、永遠に残る、
だから、あなたは生きて、書きなさい」
この言葉たちが、言霊となって解き放たれていくといいなと思いました。
なるべく肩に力を入れず。

ひとつのレパートリーとして、みんなで、これからもあたたかく続けて行きたいなと思いました。
みやこさん、まんぼう、芳晴さん、さららちゃん、さっちゃん、ありす、みんな、みんなほんとにありがとう!
やりたいと思った事がかなっていく、ミラクルな時間を本当にありがとうございました。
2部も楽しかった〜みんな、ほんとに天才だよね!
みなさんの可能性に希望をつなげて行きたい。

音楽朗読劇「100年のときをこえて〜みすゞから私へ〜」
https://www.facebook.com/events/605230896510954/

DSC_0167_20180714161541692.jpg
DSC_0169_2018071416154292d.jpg
DSC_0170_20180714161544477.jpg
DSC_0176_20180714161546d8f.jpg
DSC_0177_2018071416154713d.jpg
DSC_0180_2018071416154942c.jpg
DSC_0184_201807141615501cc.jpg
DSC_0186_20180714161552e6c.jpg
IMG_5857.jpg
IMG_5862.jpg
IMG_5863.jpg
IMG_5864.jpg
IMG_5867.jpg

| ふじのキッズシアター | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018.07.08自分で感じたままに歌うレッスン!

こどもも、おとなも表現する楽しさを体験しようということで、いくつかワークショプをひらしています。今回は、ふじのキッズシアターOBの藤野の歌姫、 むっちゃん(斉藤夢積さん)と、歌ってみましょう~♪ということで、発声の基本を教えてもらって、チームに別れて歌の発表。
ワークショップのあとは、来年のキッズシアターの公演についてミーティングをしました。やりたいという子どもたちが声があれば、実現したい!何かできそうです^^

ふじのキッズシアター主催 ワークショップ第2弾!
「自分で感じたままに歌うレッスン!」
~歌詞を理解し、アーティストのマネではなく、自分の歌にしよう~
https://www.facebook.com/events/1850989271620170/

IMG_5854.jpg
IMG_5853.jpg
IMG_5852.jpg
IMG_5835.jpg

| ふじのキッズシアター | 14:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。